【2018・7/29】ヤクルト敗戦 星の流れを変える好投は素晴らしかった!…が継投の難しさを痛感【プロ野球2018】

てけてけ

東京ヤクルトスワローズ 4-10 阪神タイガース でした。




超久々に左側の数字の方が少ない
負けゲームの記事…。





いやー試合を作るのは難しい!


先発石川がフラフラでポンポン点を
取られた割にはこちらの打線も
メッセンジャーに真っ向勝負を
挑んで点を取りイーブンな展開に
持ち込みました。


4回裏のノーアウト満塁から

藤井三振
中村三振
代打畠山凡フライ

と酷い攻撃をしてしまったのが
結果的には終盤の苦しい展開
に繋がってしまいましたね。


藤井・中村・畠山の3人とも
ボール球を振りにいって凡退
したのは大きな反省点です。


後ろ二人は3ボールまでいってまし
たし立ってれば押し出しだったなあ。


まあ本当に立ってるだけだと
メッセも簡単にストライク投げれる
でしょうしここの塩梅は難しい。


打ちにいく姿勢で見送れる冷静さと
選球眼が欲しかったですね。





野手陣の反省も必要ですが、今日
直接的な敗戦に繋がったのは投手陣
と慣れない継投ですね。


7回に近藤を出したところからこれ
どうするのかなと思っていましたが、
同点という厳しい場面で8回に風張を
送る博打めいた継投に小川監督は
チャレンジしてきました。


結果的には中谷に決勝タイムリー
を浴びる形となり完全に裏目に
出てしまいましたね。


最近いい感じで投げていたのと
中尾が明らかに疲れているという
ところで、風張にも今までよりちょっと
きつい場面でやってもらえないかな
という判断だったのではと思います。


接戦で出すのはまだ博打要素が
強いかなと思います。


しかし風張的にはいい経験になった
でしょう。


ビハインド中心でやってたら育ち
ませんし、少しずつ厳しいところも
やって心身共にレベルを高めて
いってほしいです。


セットアッパー任せろ!くらいの
存在に成長してもらいたいです。





ウルキデスは登板2試合目で
早くも怪しい雰囲気が漂って
まいりました。


簡単にポコポコ打たれて失点。


やはりこれといった武器が見当たり
ません。


この感じだとコントロールが相当
ないと厳しいでしょうね。


現状普通に甘い球を投げまくって
いるのでこのままだと通用するかは
大きく疑問を投げかけたいところです。






連勝が途切れてしまい再び借金生活
と残念ですが、今日は星の押しにごり押し
まくるピッチングに希望を見出だそうと
思います。


ノーアウト満塁のチャンスを潰した
あとに登板するといういやーな感じが
あるタイミングでしたが、直球中心で
押しまくって2回零封!


中盤同点に追いつくムードを作ったと
思います。


相当走り込んできたのか下半身の
太さというか充実ぶりは目を見張る
ものがありました。


まだまだ自慢の速球に磨きが
かかる余地がありますね。


これから仕上がってくるのに期待です。





ここからズルズルいかずにスパッと
勝ちモードにもどしてくれ~!


にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村


関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply