ヤクルトバレンティンがソフトバンクホークスに移籍 選手キャリア終盤の大勝負が大成功して幸せになって欲しいですね、交流戦ではお手柔らかに…

てけてけ

バレンティン。




少し時間がかかりましたが無事
ヤクルトからソフトバンクへと移籍
が決まりました。


ちょっと音沙汰が無くなった時は
どうなる事やらと心配になりましたが
ちゃんと獲得してもらえて安心しました。


グラシアルやデスパイネがホークスには
いるので彼らとの共存、起用法で少し
戦いがあったんだと思います。


一応3人競演も可能でしょうがそうなると
内川選手あたりが押し出されるのでしょうか。


ファーストグラシアル、レフトバレンティン、
DHデスパイネは超重量メンバーですね。


怪我が無ければ守りのマイナスをひっくり返す
くらい攻撃でプラスが出るでしょう。


どれくらい競演できるかはキューバ代表関係
があるので予測が難しいです。


割と皆ベテランなのでコンディション的にも
3人揃うのはどうでしょうか。


ただホークスは巨大戦力なので3人の
うち2人が出て活躍してくれていればOK
くらいの懐の深さはあると思います。





打撃はペイペイ(旧ヤフオク)ドームは
テラスがありホームランを稼ぎやすい
球場です。


よって通年通り30本以上HRを打つ
可能性が高いですね。


日ハムホームの札幌ドームがきついですが
福岡で稼げばそこは収支トントンだと思います。


北海道でやる時はコンパクトモードで
打席に入るかもしれませんね。


一見大味に見えますがこの人やろうと
思えばちゃんと軽打出来るのでそこは
大丈夫です。


.280 30本 100点以上は期待できる
のではないでしょうか。




問題視されがちの守備も常勝軍団に
入る事で少しは改善されると予測しています。


ホークスは怠慢守備できる球団では
ないでしょう。


そして本人も環境が変わって新鮮な
気持ちで気合入るでしょうし言われている
ほどのやらかしはないはずです。


というか怠慢したらホークスの場合
普通に守備機会を奪われるのでは…?


毎年優勝争いするチームですしヤクルト
の時みたいにはいきません。




ここまで攻守ともにやってくれると書いて
きましたが、心配な点はやはり怪我、
そしてモチベーターとの相性です。


もう36歳とベテランなので張り切って
ハッスルした時に故障する危険性は
低くありません。


やる気と調子次第では結構無理も
するのでそこは少し気になります。



モチベーション的なところでは彼が
松田選手らのあの勢いに乗れるかと
いうところですね。


こればっかりは理屈じゃないので
何とも言い難いです。


観戦する側でも熱男系ワッショイは
好みがあります。


ヤクルトではどちらかというと近年は
盛り上げる側だったのでそこからの
変化でどういう化学反応が起きるか
興味を持っています。


外国人だから明るければまず大丈夫
っていう訳ではないでしょう。


松田選手とは年も近いのでうまく
溶け込んでいってくれればと願っています。






移籍で寂しいというのはもちろん
ありますが、バレンティンの選手キャリア
ではひとつの分岐点だと考えられるので
この決断は勝負してて好感が持てます。


ヤクルトで王様をやるのかソフトバンクという
日本一に一番近いチームにいくのか。


色々経験しておくのが今後の選手生活・
指導者生活にいい影響をもたらすはずです。






ヤクルトの功労者なので是非来年ホークスで
リーグ優勝してもらいたいです。


パリーグは色々FA等で動きがあり読みにくい
ですが優勝候補には違いないはずです。





ヤクルト側も何とか頑張って日本シリーズまで
進んでホークスバレンティンと対決なんてことに
なったら痺れますね!


投手陣の底上げと外国人の活躍次第では
また優勝やAクラスも十分あり得ます。


後は塩見や中山、廣岡らの台頭も必要!


特に塩見は1軍以外では恐ろしいほど
打っているのでそろそろやって貰わねば
なりません。


殻を破って欲しいですね。







バレンティンさん。



今までありがとう、そして今後の健闘を
祈る!



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply