あつまれどうぶつの森 夜の博物館はいいぞ 水族館ゾーンでサカナをのんびり眺める幸せをちょっとおすそ分け【画像】

てけてけ

ET4BxhKUcAIw1vI.jpg

わが島にもついに博物館が建ちました。

建ったその日にオープンのスピード感
良いですね。

オープン記念のセレモニーもあったのですが
今回は水族館ゾーンを見せたいのでそれは
別の記事で書きたいと思います。



ET4BxhdUcAEalPk.jpg

納まるべきところに納まったフータ
博物館長。

これからたくさん生き物や化石を
寄贈するのでよろしくね。

フータが苦手な虫もどんどんいくので
お覚悟を…。

それにしても今回の博物館の内覧は
格式が高いというか落ち着いた高級感
が漂っています。

さすがSwitchですね。



ここから先は何枚か連続でコメント無し画像で
水族館ゾーンの雰囲気を楽しんでもらえればと
思います。

文字にしなくても伝わる良さがあるはずです。


それではどうぞ。





ET4BxhXUMAQky5e.jpg

ET4BxhBUEAECXTQ.jpg

ET4B8owU8AEiHrc.jpg

ET4B8o3U4AYyQ9m.jpg

ET4B3qiU8AMWsSV.jpg

ET4B8oiU8AIJL01.jpg

ET4B3qWU8AADTKZ.jpg

ET4B3qlUYAA_m_R.jpg





はえ~。


癒されます。


やっぱり夜の水族館は最高です。


静かな夜の博物館サカナゾーンで
ゆるーくリラックスタイム。


まだまだ寄贈した種類が少ないので
今後たくさん寄贈して見れるサカナの
数を増やしていきましょう。



イエローパーチとタイの画像で分かる
通り寄贈した日付を見る事が出来ます。


レアなサカナを寄贈した記念日を
見れるのはいいですね。




それにしても最後の画像の魚群は
すごいや…。




博物館が島に来て本当に嬉しいです。


今回の記事で良いなあと思ったはじめたて
の方は是非博物館建設をしていきましょう。


まずはたぬきちにいきものを見せて
フータを島に呼ぶところからですね。



ムシゾーンとカセキゾーンもあるので
サカナと合わせてどれか好きなものが
あるなら博物館は楽しめます。


コンプを目指すとしんどさもありますが、
楽しみながらマイペースに収集を出来る
人にとっては今作あつまれどうぶつの森
の中でも最高峰の遊びのひとつだと
思います。





水族館ゾーンが好きなので
まずは釣りをもっと頑張ろうと思えた
博物館初体験の日でした。



最後までお読みいただきありがとうございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply