2020.6.20 ヤクルト×中日ドラゴンズは6-2で勝利 今シーズン初白星、試合を作った小川&山田村上塩見のホームラン!

てけてけ

ヤクルトスワローズ 6-2 中日ドラゴンズ



でした。


今シーズン初勝利めでたい!


初回に山田哲人と村上がD吉見から
ホームランを打った時はここから何点
入るんだろうかとワクワクしましたね。


山田も村上もセンターに運ぶ大きな
一発でした。


その後塩見にも待望の今シーズン
初安打、ホームランが出ました。


1軍以外では打ちまくっている塩見には
今シーズン飛躍を遂げて欲しいですね。


今日は一発以外にも8回にクリーン
ヒットを放って今後に期待が持てそうです。


打率が良くて気分が悪くなる打者なんて
そうそういないでしょうし打てるだけ
打ちまくっていきましょう!



オープン戦や練習試合でさっぱり
打てなかったエスコバーも開幕したら
渋くヒットを打ち続けているので有難い
限りです。


今日のダメ押し2点タイムリーはかなり
大きかったです。


長打はあまり打たなそうな雰囲気が
ありますがいぶし銀の活躍をして
いって欲しいですね。



6点目を手繰り寄せた渡邉の走塁も
見事でした。






投手陣は全体的に粘り強く我慢して
耐えきりました。


小川がしっかり試合を作ってくれた
おかげでいい流れの試合になりました。


ピンチを完全に封じるという感じでは
ありませんでしたが最低限の失点で
防ぎ続けたのが素晴らしいです。


ドラゴンズの打線がかなり良くて
良い球を投げてもミートされまくって
いましたが、根気強くコースを突いて
抑えたのは見事でした。


この調子で今シーズンは2桁、10勝を
目指しましょう。


ヒーローインタビューで本人も目標に
掲げていたので楽しみです。





昨日は中継ぎがボロボロにされていまい
ましたが今日はしっかり投げきったのも
収穫です。


シーズンを戦うにはリリーフの整備が
大前提なのが近年のプロ野球。


ヤクルトスワローズが上位に行く時も
大体はリリーフがしっかりしてる時です。


2015年優勝時もわかりやすくそれでした。



今日投げたのは清水、マクガフ、石山の
3人です。


清水はストレートの質がかなり上がった
ように思います。


後はこのストレートを維持しつつひとつ
武器になる変化球があれば勝ちパターンに
定着できると思います。


ストレートだけだと対大島の時みたいに
一流選手相手は厳しい部分もあるので
もう1個何かが欲しいです。


さらにストレートの質を一段上げるのも
それはそれで選択肢だと思います。



マクガフはまさにそのストレートに特化
した感じの投球をしました。


150キロのストレートでゴリ押しです。


ここまでストレート中心で抑え込めるのは
やはり直球の質が高いんでしょう。


150キロ自体は珍しくない昨今ですが
同時に見てたジャイアンツ戦の巨人
ビエイラは160キロ付近のストレートを
普通に打ち返されていたので質の
大事さを考えさせられました。


速いに越したことはないものの、ただ
速いだけではプロ相手だと厳しいです。


このままうまく登板間隔を調整して
マクガフにはいつもエンジン全開で
ゴリ押していってもらいたいです。


気持ちのいいストレートを見れて
楽しかったです、ありがとう!



石山は最初の打者にフォアボールを
出した以外は落ち着いた良いピッチング
でした。


この人も打者を圧すいいストレートが
あります。


加えて落ちる球もあるので強力です。


今日は8回裏に2点入ってセーブ
シチュエーションじゃなくなって入りが
難しかったと思いますがナイスピッチング
でした。


とにかく健康に気を付ければ結果は
ついてくる投手だと思います。






何はともあれまずはシーズン初白星という
結果が非常に嬉しいです。


最初から連敗とかしだすとヤクルトは
こういうの止まらないタイプなので
ちょっと心配でした。


2戦目でしっかり勝ったという事実を大事に
していきましょう。


どうやら序盤はホームでの試合が多いらしい
のでここで最低でも5割、欲を言えばちょっと
勝ち越していきたいです。




打線は今のまま火力を維持しつつ、
投手陣が粘りを覚えれば上位への
道が見えてきます。


まだ始まったばかりなのであまり
ネガティブにはならずに他球団へ
喰らいついていきましょう。


ひとつずつ勝っていけば良いんです。



挑戦者の気持ちで貪欲に戦って
いって欲しいです。





最後まで記事をお読みいただき
ありがとうございます!



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply