2020.6.23 ヤクルトは阪神タイガースに敗戦 イノーアの立ち上がり失敗と見せ場の少ないたこやき打線

てけてけ

ヤクルトスワローズ 1-4 阪神タイガース



でした。


前の試合からいきなり打てなくなりましたね。


ドラゴンズ戦の梅津はかなり支配的な
投球でしたが今日のタイガース青柳は
もうちょっと付け入る隙があったように
見えました。


途中から結構荒れだしていたんですが
打線が淡白に凡打を重ね青柳を助けた
ように思います。


こういう時に違いを出せる攻撃を見せて
欲しいです。


崩れる前にサクッと継投に入った矢野監督の
采配は敵ながら見事でした。


優秀なリリーフ陣を持ってるとこういう
展開で強いですね。


ここはヤクルトも真似して育成・整備して
いってもらいたいです。





投手陣は先発のイノーアが立ち上がりに
失敗し先制点を献上。


鼻にティッシュ詰めてましたが鼻血ですかね?


今日は万全じゃなかったという事にして
次回に期待します。


最初は球が高くコースも怪しかったのですが、
途中からはなんだかんだ抑えていったので
出だしを気を付ければ適応できるのでは
ないかと思います。


球速は結構出ているので慣れればやって
くれるはずです。




リリーフ陣は今日もまずまずでした。


イノーアの残したランナーを1人帰して
しまいましたが、あれは雄平の守備の
まずさもあったと思うので何ともいえません。


近年ちょっと雄平の守備は怪しいというのが
セリーグファン内では共有されてますしね…。


身体能力系の野生型選手なのでそこの
衰えが来ているのかなあ。


目が急激に衰えなければいいなと少し心配です。


今のところは相変わらず何でも振って
バットには当たっているのでまだ大丈夫だと
信じています。



中澤、寺島、長谷川と左3人いけそうなのは
ポジティブ要素です。


寺島と長谷川はまだ若いので大きく育って
もらいましょう。


今のところはクレバーな寺島と勢いの
長谷川ですね。


こんなパワーのある左腕が育成契約だった
ソフトバンク恐るべし…。


今後少しボロが出てくるとは思いますが
成長の速度でそれを抑え込めればOKです。


期待しています。





イノーアはまだ判断は早いですが、
マルテが怖いくらいタイミング合っていた
のでそこは今後の不安材料のひとつです。


ストレートもそうですが変化球にも
バッチリバットが合っていたのでこれは
もしかするとお得意様コースになるかも
しれません。


糸井も変化球にはちょっと合ってましたね。




中距離打者や長距離打者の被お得意様
はなるべく作らずにシーズン戦って欲しいです。


キャッチャー含め研究していきましょう。


マルテはミート力があるので厄介そう
だなあ…。




6連戦なので早めに1つ勝って負けモード
から脱出しましょう!





最後までお読みいただきありがとう
ございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply