2020.6.26 ヤクルトは巨人に逆転負け、またも石川に酷い仕打ち… リード時のリリーフ陣が弱点か

てけてけ

ヤクルトスワローズ 5-6 読売ジャイアンツ



でした。


途中までは素晴らしい展開でしたね。


が、リリーフ陣が全て壊してしまいました。


梅野、マクガフ、回跨ぎ石山とほぼ
勝ちパターン総崩れです。


これは今後が心配。


そして石川は好投したのにまた勝ちを
消されるというもはや定期になってます。


6回1失点の素晴らしい投球だったのに…。


今日の展開からこの結果はさすがに気の毒です。


石川自身は7回梅野がドタドタしている時に
悟ったような顔をしていました。


今日もすんなりとはいかんなと。


これだけ長くプロ野球人生を戦っている
大ベテランですし少し先の予想が付くんでしょう。


石山が重信に逆転ツーラン打たれた時は
諦観状態でした。


これだけやられても淡々と自分の投球に
集中する姿には頭が下がります。


報われて欲しいなあ。


勝ちを付けてあげられないならリーグ優勝
という形で喜ばしてあげてもいいんですよ…?



個人的には勝ち継投に入りだす7回に
しっかり火消しできる投手を整備するのが
大事だと思います。


梅野は現状安定感がなく先陣を切るには
ちょっと足りていません。


このまま心中するのか、はたまた清水など
他の投手を試してみるのか早い判断が
待たれます。


今日の試合の空気感が変わったのは
7回表でした。


菅野が打たれたのを取り戻そうと喰らいついてきた
ジャイアンツ打線は流石です。


逃しませんでしたね。


7回で下地を作って8回、9回で仕留めるのは
昨年のセリーグ覇者の力です。


マクガフが投げてみないと分からない
クジ運タイプなのもちょっとしんどい。


中島の当たりはフェンスこえるかと
思いました。


結果的には越えてた方が投手運用が
うまく回ったかもしれません。




全体的な課題はプレッシャーがかかると
すぐボール先行の苦しいピッチングに
なるところですね。


石川なんかはカウントが不利になっても
スーッと立て直して打者を打ち取って
ますが、リリーフ陣はそのまま不利な
カウントの影響を受けて打たれやすい
です。


最終回の巨人デラロサがややかわしに
入ったピッチングながらもストライク
先行で投げていたのでそこが対照的
でした。


石山もイニング跨ぐ前は制球出来て
いたのですが…。




打線は菅野から5点取ったのでしっかり
働いたと思います。


山田にホームランが出て、山崎も
しっかりはじき返したので今後に
期待が出来ます。


代打の塩見がどうしようもない三振を
してしまったのでまたセンター争いで
差が付きました。


1軍の壁って厚いですね。


このままだと近いうちにファームへ
塩見はいっちゃうかもしれません。


どんどん新しい選手が毎年入団して
きますし、そろそろうかうかしてられない
状況になってきたかなと思います。


是非奮起して欲しいです。





かなりガッカリする敗戦でしたが
明日と明後日も試合はあります。


DENA監督ラミレスさんの
トゥモローイズアナザーデイという
精神で切り替えてまた勝ちにいきましょう。


今日は今日、明日は明日です。




凹んでいる暇はありませんよ~!



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply