2020.6.27 ヤクルトは巨人に逆転勝ち! 村上が点火し代打青木逆転タイムリー、そしてトドメは山田哲人のグランドスラム!

てけてけ

ヤクルトスワローズ 9-6 読売ジャイアンツ



でした。


昨日と真逆の展開でしっかりリベンジ
して勝利を掴みました!


小川が突然乱調モードに入って4点
取られた時はかなり厳しいと思いましたが、
巨人のリリーフ陣を攻略したのは
見事でしたね。


2点ビハインドの6回裏、
まずは村上が凄まじい打球のホームランで
口火を切り、その後ランナーを貯めた後
出てきたのは代打青木宣親。


相手のストライクが欲しいという気持ちを
しっかり読み取って初球、一振りで決め
ました。


逆転の3点タイムリーツーベースお見事!


その後すぐ代走を送られたので、この
1打を決めるためだけに出てきてきちんと
答えを出しベンチにまた戻るという職人技
が煌々と輝きました。


まさに安打製造機です。




その後またランナーを貯めて満塁で
打席に立ったのは背番号1番山田哲人。


イケイケの勢いをそのまま打球に
乗せて満塁ホームランで突き放して
くれました!


今年はなんだかセンター方向に
大きいのをよく打ちますね。


ここぞで打つのは本当に痺れます。


結果的に9回少し追い上げられたので
山田のグランドスラムは効果的でした。




結果6回裏は一挙7得点という素晴らしい
攻撃でしたね。


ヤクルト打線はたまにこういう止まらない
攻撃をしてくれるので好きです。


後はもうちょい安定感があれば言うことない
んですが贅沢でしょうか?





投手陣には課題が残りました。


小川はやはり打たれだすと止まらなく
なるのは変わっていないようです。


プロ生活長いですし早々変わるものでも
ないでしょう。


相手に勢いが付いた時どうやって
鎮めるかが改善点です。


丁寧に投げるしかないのかもしれませんね。


本人も分かっているから毎年キャンプ
でフォームを色々試してるんだと思います。


投げている本人が当然一番分かっています。



反省が必要なのは9回に投げた長谷川も
ですね。


ちょっとずつ他球団から攻略の方法を
探られつつあります。


きちんとストライクを取れるのがストレート
くらいなので、直球を待っていいところに
変化球が決まったらゴメンナサイという
攻め方をされてきているでしょうか。


確かにストレートは150キロ出て素晴らしい
ですがそれだけでやっていけるほど
プロは甘くなさそうです。


直球を異次元の質に育てるか、はたまた
変化球の制球を身に付けるのか…。


まだまだ若いですし成長できると思います。






色々課題はありますが今日は逆転勝ち
出来たという事実がとにかくポジティブな
話です。


火が付けば点差があっても試合をひっくり返
せるという証明をしたのが大きいですね。


多少ジャイアンツ側の継投も怪しかった
ですがここは素直に喜んでおきましょう。




今のところヤクルト含めて投手が万全で
ないチームが多いので、諦めない姿勢が
非常に大事です。


先日も劇的なサヨナラ勝ちをしましたし
最後まで粘っていって欲しいです。




このまま上位に喰らいついていって
くれ~!





最後まで読んで下さりありがとうございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply