2020.6.28 ヤクルトは巨人に大敗、試合が壊れたので寺島の修行にスイッチ 右打者への投球が課題ですね

てけてけ

ヤクルトスワローズ 0-12 読売ジャイアンツ



でした。


今日は一方的過ぎてあまり書くことが
ありませんね。


投手陣が完全に決壊してしまいました。


先発の山田大樹が全くボールを制球
出来ず自滅です。


1回は運良く抑えましたが連続で四球
祭りを許してくれるほど巨人打線は
甘くありません。


速攻で降ろしたので失点はそこまででも
ないですが続投してたら延々と打たれ
続けそうな感じでした。


こりゃ1回2軍で鍛え直しでしょうかね?


コントロールを乱すと何も決め手がない
タイプなのでどうしようもなかったです。




高津監督は早々に山田大樹を見限って
寺島をロングリリーフ起用しました。


これは将来先発で使いたいなという
気持ちがあっての経験値貯め采配でしょう。


結果的には巨人打線を止められなかった
というのが事実です。


エスコバーのまずい守備とかもありました
けど…。



映像で見ている限りでは四球連発で
自滅は少なそうでしたが右打者を抑える
手段があまりないなと感じました。


今日は坂本や岡本など一流打者相手
でやられがちだったものの、平均的な
右打者相手もちょっときついかなという
印象です。


基本的に右打者には入って来るボール
しか制球出来てないので、それだと
打つ方は楽だと思います。


アウトコース側に動く変化球か縦の
変化球が欲しいですね。


それだけで劇的に変わる左腕は
割といますし今後の課題です。


元ライオンズの菊池雄星投手なんかが
チェンジアップ取得で化けましたし、
寺島も戻ってきたストレート以外に
もうひとつ武器を育てましょう。


とにかくまだまだ若いので色々な
要素を柔軟に取り込んで成長できる
はずです。


高卒投手のアドバンテージのひとつを
活かしていきましょう!





打線はサンチェスの前に沈黙。


というかさすがにこの展開だと色々
難しいです。


5点差くらいで収まっていればもう
ちょっと違う形にはなったでしょうか。




こういう展開の時真似したいのは
西武ライオンズ打線のメンタルです。


彼らは大量リードされていても取り返せる
という自信を持っていて、取られても
取られても打つのをやめません。


それで試合がひっくり返る事もちょこちょこ
あるので是非見習ってほしいです。


ある意味では西武先発陣があの打線を
育てていると言っていいと思います。


ヤクルトも常に高火力で攻め続けられる
切り替えの早い強靭なチームを目指しましょう。


投手陣が炎上しやすいのは西武ライオンズ
に似ていますし得るものはあるはずです。






今日は完敗だったので選手もサクッと
切り替えが出来ていると思います。


また来週から1試合ずつ勝利を目指して
貪欲に戦っていきましょう。


神宮ホームゲームが続いているうちは
なんとか5割以上でいきたいですね。




まだ大して離されていないので必死で上に
ついていってチャンスを伺いましょう!





最後までお読みいただき
ありがとうございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply