あつまれどうぶつの森 レア深海魚デメニギスを釣り上げる!釣れない人は釣りをする時間に注意 釣れる時間帯・場所・生息時期はこちら【画像・いきもの図鑑アプリ】

てけてけ

こんにちは、こんばんは。



私のどうぶつの森は今釣りがメインです。


この日はなかなか釣りをする暇が
無くて出かけられたのはかなり夜の
遅い時間帯になってしまいました。


具体的に言うと夜23時過ぎですね。


海に出て特に大きくもない魚の影に
向かってとりあえず浮きを投げグイッと
釣り上げ。


すると…



EUQdPpVVAAAo8Cs.jpg

なんじゃお前は!?

デメニギスというあまり聞き覚えのない
名前のサカナが釣れました。

名前に覚えはあまり無いのですが

「頭の中が丸見えだ~!」

という感想でピンときました。

これはネットで少し昔にすごく騒がれた
有名な深海魚です!

そこそこ近年のトレンドも取り入れている
あつまれどうぶつの森、なかなか知的探求心
に溢れていますね。

ネットをある程度見ている人以外は
存在を知らないと思います。

実際の画像を載せようかと思ったの
ですがフリー画像かどうか不明なので
気になる人は検索してみましょう。

デメニギス 画像でググれば一発です。

想像より数段不思議な姿をしている
はずです。



EUQdPpbU0AUOnIS.jpg

さっそく博物館へとダッシュして
フータへ自慢(寄贈)しにいきました。

今回もフータは冷静に分析。



EUQdPpfVAAIs5if.jpg

そして定型文的な対応の後に
来るのはお決まりのドヤ顔解説
タイムです。

この生き生きとした顔よ(笑)



EUQdPpbU4AEJCy_.jpg

解説お願いしまーす。



EUQdYquU8AILGsI.jpg

EUQdYqsUMAA_esz.jpg

EUQdYqsVAAAZGbY.jpg

ほえ~。

なんだかんだ勉強になりますよね
この解説。

あつまれどうぶつの森は基本
採集したり釣ったりする生き物が
架空ではなく実在する生物という
のが地味に強いところだなと
感じます。

図鑑的な説明をするだけである程度
プレイヤーを感心させられるのです
からこれは大きいです。

デメニギスは内臓スケスケの頭に
緑の目というとても変わった深海魚。

透明な頭の理由は向きを変えずに
真上を見れるというメリットからなんですね。

賢いのかどうかは分かりかねますが
適応するためにこういう進化をする
というのはとても不思議です。

宇宙に負けないくらい深海も
まだまだ未知の事だらけだなあ。



EUQdYquU8AADF89.jpg

EUQddPvUEAAZ7vz.jpg

EUQddP1VAAAWplU.jpg

展示室に飾ってくれるのでさっそく
博物館の水族館ゾーンサカナコーナー
へと向かいましょう。



EUQeWPIUUAAUfG8.jpg

EUQeWPBU0AEws4C.jpg

私の島のデメニギスさん。

頭がクリアカラーでレア感溢れています。

さりげなく以前記事にしたシーラカンス
アピール。



EUQeWPDUYAEqBkx.jpg

EUQeWPGUMAIML1F.jpg

いきもの図鑑アプリでのデメニギスの
情報はこちら。

生息時期は1月~12月で1年中釣れる
魚のようです。

そして釣れる場所は海。

深海魚なのでまあ当たり前と言えば
当たり前ですが知らない人は深海魚
だと分からないので一応掲載。


大事なのはここから先です。

釣れる時間帯が結構限定的という
データになっています。

基本深夜に釣れるサカナです。

夜の9時くらいから夜中の3時
くらいまでと解釈していいかなと
思います。

冒頭にも書きましたが、私がこの
デメニギスを釣り上げたのは夜の
23時過ぎでした。

参考までに書いておきます。






やっぱり釣りは楽しいですね。


大きな魚影以外にも楽しめるという
事が分かったのはかなり良い情報
です。


でかくて引きの強いフィッシュバトル
以外にも楽しめる要素があるのは
大きい。


今回のデメニギスは釣れる時間が
限られているので、他にもこうやって
特殊な条件が決まっている魚が
いるでしょうね。


休日等をうまく利用して色々な時間に
色々な場所で釣り糸を垂れてみたいなと
探求心が湧きました。


無人島ツアーを含め様々な場所で
挑戦するのが良さそうです。



巨大系の魚を狙いつつこういった
レアな魚も合間に釣り上げて図鑑も
少しずつ埋めたいです。


無理なコンプリートはせず等身大の
プレイスタイルは維持でいきましょう。


日常を楽しみながら少しずつ島の
生活の楽しさ・気付きをおすそ分け
出来ればいいなと思っています。




最後までお読みいただきありがとうございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply