2020.7.7 ヤクルトはドラゴンズに勝利、マクガフと石山がフラフラで心配です 最後は相手の野手が残ってなくて逃げ切り

てけてけ

ヤクルトスワローズ 2-1 中日ドラゴンズ



でした。


ナゴヤドームらしい試合になりました。


先発スアレスがちょっと厳しめの判定で
フォアボールを出しまくりながらも0封しつつ
西浦のタイムリーで先制までは良かったです。


清水もアウトローへのコントロールが
冴えていました。


が、8回に出てきたマクガフがまた怪しい
ピッチングをしてビシエドにあわやホームランかという
タイムリーを浴び試合はタイに。


その後何とかピンチを凌いでいたら
延長10回表に中日抑え岡田が満塁から
井野に押し出し四球を与え1点勝ち越し。


10回裏マウンドに上がったヤクルトの
抑え石山もフラッフラで満塁のピンチ
までいきましたが、ここでなんと相手の
野手がもう残っていなくて投手岡田に
代打投手三ツ間という展開になり
何とか逃げ切りました。


書いててあまり確信がないのですが
あの空振りの仕方はまんま投手の
ものだったので間違ってはいないと
思います。


采配を積極的にやりすぎて最後手札が
なくなるというちょっと珍しい光景を
見ました。


石山も露骨にギアを変えて抑えに
いってましたね。


最初からエンジンかけてくれると
嬉しいのですが…。





やっぱり神宮とナゴドでは全然試合が
違いますね。


ちょっと振り回せばスタンド狙える神宮
が野手育成には向いていると思います。


心なしか各打者ミート重視のバッティング
で両チームとも弱い打球が多かったです。


投手を育成するにはかなり恵まれた
球場だとは思います。


ちょっと打ち上げられただけで被弾に
なってしまう神宮で投手に自信つけさせる
のは難しいです。


今日も神宮ならホームランという打球が
少しありましたがナゴドだと凡フライで
アウト終了。


ここでホームランを打ちまくれる打者は
相当だと思いました。


ビシエドのあの打球がスタンドいかない
んだもんなあ…。


広さもそうですがちょっとフェンスも
高すぎかなとは感じます。






重苦しい展開でしたが勝つことによって
それは解消できます。


そのまま負けると厳しいですが勝てば
また明日への活力が湧いてくるという
ものです。




明日の予告先発は


イノーア(ヤ) × 山本(中)


です。


広い球場なのでイノーアには
大胆に攻めてストライク先行で
いってもらいたいです。


若き山本に年長者の意地を見せて
いきましょう。




打撃戦とまではいきませんがそれなりに
楽な試合をたまには見たいです!





最後までお読みいただきありがとうございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply