ヤクルト小川残留! 悩んだ末覚悟の決断、神宮という魔境でやってたらそりゃ他の世界も気になりますよね

てけてけ

こんにちは、こんばんは。



ヤクルトスワローズファンには嬉しい
クリスマスプレゼントとなりましたね。

FA宣言していた小川がヤクルト残留を
決断してくれました。

これで山田哲人、石山、小川と流出が
囁かれていた3人全員がスワローズに
残ってくれる結果となりました。

今回はヤクルト本社も動いたという話
ですしめちゃくちゃ本気の交渉を見られて
嬉しいです。

外国人補強とかもやけに積極的に
行ないましたし今後もこうやって動いて
上を目指していって欲しいです。

助っ人の当たり外れはありますが動かない
よりは動いて失敗してくれた方が100倍
良いです。

補強を頑張る事で球団の本気度も
伝わりますし選手間で競争も生まれます。

是非この路線の継続をお願いしたいですね。



小川自身はかなり移籍と残留で悩んだと
思います。

神宮という理不尽球場からホームが変わった
らどうなるのかなという期待はあるのが
当たり前です。

噂になっていた日本ハムは球場移転の
予定があるものの当面使う札幌ドームは
かなり広い上に屋内なので気持ちは揺らぐ
でしょう。

守備陣はファイターズもヤクルトと同じく
問題があるみたいですがちょっと打ち上げ
られた当たりがスタンドまでいくなんて事は
札幌ドームならまあ無いですしね。

後は環境が変わるという事とレベルが
高いとされているパリーグというところで
色々思案があったと思います。


悩み抜いた末に覚悟を決めたのはやはり
球団が一番最初に提示した誠意のある
条件も大きいはずです。

成績からするとちょっとびっくりするような
2億円×4年(推定)という大型契約を1発目
でしっかり出せたのは素晴らしいです。

無理やりクローザーにして大炎上させたり
と雑に起用する事もありましたがそういう
のも含めきちんと働きを評価していると
いうのを金額でも伝えたのはファインプレー
です。

誠意は言葉ではなく金額という名言が
あり私はこれが全てではないと思って
いますが、ある程度はしっかり金額を
提示したうえで言葉もかけるのが適切
です。

プロ野球選手ですからね。



正直小川は出ていくかなという予想も
していたので残ってくれて嬉しいです。

切実なところを言ってしまうと今の
ヤクルトでまともに長いイニングを
安定して投げられるのは小川しか
いません。

抜けたら誰が小川の分を投げるんだ
という問題があったのでかなり安心は
しました。

小川に頼りっきりじゃなくて誰かしっかり
投げられる先発投手が出てきてくれないと
困りますが…。

しっかり投げられる投手が増えれば
小川の負担も減って成績が良くなると
思うんですよね。

チーム全体の底上げに期待します。



FA戦線に恐々としていた2020年の
オフシーズンでしたが結果は最高の
ものとなりました。

主力残留と積極的な補強で来年は
優勝を狙いましょう。

今年は6位でもうこれより下はない
ので後はひたすら上へと突き進む
だけです。

ベテラン、中堅、若手みんなが活躍
して2021年シーズンが素晴らしいもの
になるのを期待しています。



小川ありがとう。


来年もよろしくお願いします!


関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply