6/11 石川の芸術的ピッチングと梅野の火消し、清水の熱投でホークスに1‐0勝利!

てけてけ

ヤクルトスワローズ 1‐0 ソフトバンクホークス

でした。


ギリギリの攻防をなんとか凌ぎきって王者
ソフトバンクに勝利です!

得点は村上のソロホームラン1本のみで
後はひたすら投手陣が粘ってくれました。

こういう投手戦で勝てたのは今後の自信
になると思います。


今日のヒーローはなんといっても石川ですね。

解説が惚れ惚れするくらいの投球術を見せて
ソフトバンクを6回無失点は素晴らしいの一言
です。

ファームで0.3ほどの圧倒的な防御率を残して
一軍に合流してきましたがまだまだ戦える
ところをしっかり示し続けています。

調整するとしっかり仕上げてくるのはプロ
生活が長く実績があるベテランらしいなと
感じます。

石川ほどベテランではないですが小川も
ミニキャンプで別人になって帰ってきました
し自分に合った調整法を確立している選手
は強いです。

今日の石川は崩れる気配が無く安心して
試合を見ていられました。

交代した後どうなるかがとても怖かったです
が…。


そんな好投石川の後を受けたのはなんと
大西でした。

ここはリリーフのやりくりもあるのでしょうが
高津監督がちょっと思い切ったなと思います。

1点という僅差リードで相手はホークス…。

期待半分不安半分で見ていましたがやはり
いきなりこのシチュエーションは少し厳しかった
かなという結果で四球を出してしまい梅野
が火消しに。

ここで梅野がしっかり耐えたのが今日の
ターニングポイントのひとつでした。

他人の出したランナーは返す印象もあった
梅野ですがだんだん火消しを成功させる
ようになってきているように思います。

だんだんアジャストしてきたのかもしれま
せんね。

もう少し球速が出れば最高だなと思う時も
ありますが、まだ22歳なのでこれから先
伸びていく可能性は十分にあります。

良い時は今でも150キロ出るので遅い
という事はありません。


今日の山場その2は8回清水です。

ロッテ戦でレアードにやられてしまっていて
心配でしたが今日も最後は満塁までいく
大ピンチに。

ただ、今日は耐えてくれました。

去年頭角を現してきた時にアピールポイント
だった外角低めいっぱいへのストレートが
唸り明石を三振に打ち取りピンチ脱出!

今シーズンの清水は球速が2~3キロ控えめ
なので見ていて少し不安もありますが何とか
度胸で踏ん張っています。

フォアボール祭りにならないのはとても
素晴らしいところだと思いますね。

ストレートが仕上がってくれば将来抑えを
できるかもしれません。

落ちる球の空振り奪取率はかなり優秀です。


9回のマクガフは今日は危なげなく封じて
そのままゲームセットとなりました。

マクガフが打たれる時は大体先頭にヒット
か四球でそのまま止まらなくなってあっと
いう間に点を取られるのである意味分かり
やすい投手です。

クローザーでその安定度は大丈夫なのか
という声も多いですが現状ではマクガフが
適任だと思っています。

画面越しに見ている分には飄々として
いて気持ちの切り替えはできるタイプ
に見えます。



ギリギリの攻防が多かったですが福岡で
ソフトバンクに勝てたのは自信になるはず
です。

ソフトバンクはそんなに調子がよくない
ですが調子が悪くてもヤクルトからしたら
強大な戦力ですからね。

完全に挑戦者の気持ちだけでぶつかって
いけるのはもしかしたら少しヤクルト側が
有利かもしれません。

ホークスは近年ずっと王者のポジションで
防衛する側なので難しい部分もありそうです。



ひとつ勝てたので次に目指すのはもうひとつ
勝ってカード勝ち越しです。

挑む気持ちを忘れずに全力でぶつかって
いって勝利を掴み取って欲しいです。

交流戦をなんとかいい形で締めましょう!





Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply