iPadでアプリがすぐ落ちてしまう時にまずやってみるべきこと 原因は容量の可能性が高いです【iOS・画像】

てけてけ

こんにちは。


今回はiPadでのアプリ落ち現象対策記事
です。

iPadやiPadminiでいくつもソーシャルゲーム
アプリをダウンロードしている人がこの問題
に直面している可能性が高いと思われます。

私もその1人でした。



iPadを買ってしばらく好きなようにアプリを
DLして楽しんでいると、いつからかアプリが
プツッと強制終了してしまう事が増えてきます。

起動して遊んでいるアプリが落ちたりは少ない
ですがバックグラウンドでサブ的に動かして
いるゲームアプリが落ちてしまうんですよね。

ソシャゲユーザーはだいたいいくつもゲーム
を掛け持ちしていくのでこうなってしまうと
プレイするアプリを切り替えるたびにその
アプリを起動画面から見ないといけなく
なります。

最近のアプリは起動からホーム画面まで
早いものの毎回1からはストレスです。


そこでどうするかというのがこの記事の
本題です。

引き延ばす気は全くないので次の画像で
解決法をひとつ提示してしまいます。


IMG_4361.jpg

このアプリ落ち問題を直す方法で一番
効果が出るメジャーな解決策はずばり
容量の空きです。

画像を見ると分かりますがアプリのデータ
と写真のデータでかなりストレージの大部分
が埋まってきています。

ソシャゲをやる人はいくつもアプリを入手する
のでアプリ自体のデータもそこそこ大きくなり
ますし、ゲーム画面のスクショを撮っていくと
写真の容量もどんどん大きくなっていきます。

この容量が一定以上に達して端末のストレージ
に余裕が少なくなってくるとバックグラウンドの
アプリが落ちてしまうようになるんです。

私はストレージ64GBのiPadmini5を使って
いるのですが、このサイズが50GBを超えて
くるとアプリ落ち現象が起きやすくなって
きます。

60GB付近まで埋まってくるとほぼバック
グラウンド運用が出来なくなってしまいます。


対策法は簡単かつ原始的で、データを
整理してストレージの空きを増やすだけ
です。

まずはいらない写真ファイルを消すなり
クラウドサービスに移動させるなりして
空きを確保しに行きます。

icloudも容量は小さいですが移動先の
候補ですね。

大体はスクショ画像を整理すれば空き
が確保できると思いますが、それでも
足りない場合はいらないアプリを消して
いきましょう。

この時引き継ぎデータなどのバックアップ
を絶対取っておきましょう。

衝動だけで消去してしまうと後悔します。

あまりやらなくなってしまったアプリでも
バックアップは取っておくべきです。


画像やアプリの整理でストレージの空きが
確保出来たらバックグラウンドで並行して
いくつかアプリを動かしてみてテストしましょう。

おそらくはアプリ落ちしなくなっていると
思われます。

非常にサイズが大きいアプリだと空きが
あってもバックグラウンド運用が難しい
可能性があります。

リリースが最近のアプリだとそこが少し
心配ですね。



一番可能性の高い原因のメジャーな解決策
を今回は記事にしてみました。

容量の問題でうまく動かない人はストレージ
を整理すればすぐ解決する可能性があります。

端末が壊れてしまったと諦める前に一度
試しに容量の空きを確保してみるのが
おすすめです。

ただ、これは容量が原因の時だけ通用する
解決方法なので単純に端末が壊れてしまって
いる場合は通用しません。

あくまで一番陥りやすいケースの対策を
載せているので本体が壊れてしまっていたら
素直に修理等をすべきですね。

修理する前に少しネットで検索して色々
粘ってみるのがいいとは思います。


自分が陥った症状の解決法を載せると
いう形で同じ状況になってしまった人の
役に立てれば嬉しいです。

こういう体験のフィードバックを定期的に
していって誰かの需要に答え続けられれば
いいなと考えています。

iOSは概念的にアプリを動かす部分と
ストレージの部分で境目がやや曖昧なので
こういう単純なやり方で意外と解決すること
もあります。

少しでも参考になれば幸いです。





Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply