2020.7.4 ヤクルトはベイスターズに勝利 大量得点するもしっかり取り返されてギリギリ逃げ切り、タフなゲームでした

てけてけ

ヤクルトスワローズ 10-8 DENAベイスターズ



でした。


打線が機能して2桁得点を奪うも
投手陣がいとも簡単に打たれて
最後は一発出れば逆転される
という土俵際まで攻められました。


ベイスターズ打線怖すぎです。


毎回のようにヒットを打たれて
生きた心地がしませんでしたね。


ソトロペスの外国人助っ人が
長打をプラスしてくるので相当な
破壊力です。


最終回代打にオースティンも
出てきてこの人が先発スタメンで
出ていたら…とゾッとしました。


薄氷でしたがよく勝てたなと思います。


神宮ホームで試合をやっているはずなのに
そういうのを感じないくらい圧をかけられた
試合でした。




今日は打線のおかげでの勝利です。


西浦はまたいいところで長打、しかも
ホームランを打ちセリーグのホームラン
ダービートップタイに並びました。


元々10本打てる打力はありましたが
ここまで長打ばかり打つようになるとは
驚きです。


際どいボール球をカットした後長打と
いうパターンも多いのでめちゃくちゃ
頼りになります。


さすがに今は絶好調でこうなっている
んだと思いますが、このまま調子の
良い時の上限を上げたままシーズン
戦い抜いて欲しいです。


現状5番打者として素晴らしい活躍を
してくれています。


このままいってくれ西浦!




打者陣は他にも青木のホームラン等で
順調に加点しました。


コツコツと犠牲フライを打ったのが
最後ギリギリ逃げ切ったのに繋がった
ので状況に応じたバッティング大事です。


地味な1点も無駄な1点にはならないという
教訓を与えてくれた試合でした。


山田の好走塁も試合の勝敗を左右しましたし
各打者走者が最善を尽くせるよう動いて
いくのが大切ですね。


このまま得点力を維持したまま勝ちを
目指していきましょう。




投手は今日は全員反省の日です。


ベイスターズ打線が強力というのも
ありますがまともに攻めにいけませんでした。


とにかくかわしてかわしてという
苦しいピッチングです。


最後点を取られた後の石山が少し
エンジンかかったくらいですね。


今日みたいに援護のある日はそう多く
ないのできちんと最初から攻めていく
投球をして欲しいです。


勝ちパターンがそろってこの有様だと
かなり今後厳しいでしょう。


せめて2人くらいは安定感のある
リリーフがいて欲しいです。


何度か書いている内容ですが勝ち
継投の頭に出てくる梅野がいきなり
苦しいピッチングになってしまい怪しい
展開になりがちです。


なんとかシーズン中ですが修正して
打者を押せるよう調整していって
くれればと思います。


マクガフはクジみたいな感じで投げないと
分からないので改善とかあるのか謎です。


梅野は若いのでこの特殊なシーズンに
適応できるかもしれないと思ってまだ
期待しています。


もうちょっとストレートが強くなればいけると
踏んではいます。


コーチ陣と共に試行錯誤して成長して
いってくれれば嬉しいですね。



先発小川は援護を吐き出しそうだなあと
いうところで予想を裏切らず吐き出して
いたので次はいい意味での裏切りを
してもらいたいです。


ちょっと綺麗に追いつかれすぎでした。





この2試合正直かなりベイスターズ打線の
圧力を感じながら観ていますが、今日
きちんと1つ勝ったのはポジティブな
要素です。


押されてても逃げ切れる試合があるのは
大きいですよ!


明日も相手打線には苦労すると思いますが、
なんとか引き続き打線が奮起して打ち合いに
持っていければと思います。


セーフティリードはないので打てるだけ
打ちまくっていきましょう。



先発がもうちょい投げないとリリーフが
きつくなってくるのでそこも少しスターター
の人には意識して欲しいです。



何とか奮起してカード勝ち越しいきましょう!





最後までお読みいただきありがとうございます。



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply