川崎宗則「逆境を笑え」を電子書籍で購入 非常に魅力的な文章で惹き込まれてしまいあっという間に読破

てけてけ

baseball-4182179_640.jpg

こんにちは、こんばんは。


今日はゲームじゃなくて野球の記事です。

川﨑宗則「逆境を笑え」という本のお話に
なります。



私はプロ野球のまとめブログをちょこちょこ
見ているのですが、そこにまとめられている
イチロー関係のスレに川崎選手の心情っぽい
ものがレスとして載っていることがあったのが
全ての始まりです。

しばらく見ていくとどうやら本の内容をレス
にしているという事が分かりました。

その文章が素晴らしく魅力的だったんですよね。


次に考えたのがレスをしている人はこれを
本から直接コピペしているのか自分で要約
しているかという点でした。

自分で要約しているなら探し出して文章を
書くコツを聞きたいなと思ったんです。

そんなこんなでまとめられた文章を検索で
かけてみると今回記事タイトルにも出した
「逆境を笑え」という本がヒットしました。

電子書籍かつ値段も680円くらいだったので
興味津々で購入へと至った訳です。

基本的に本は紙派というまだまだアナログ寄り
の人間なのですがどうしてもすぐ読めるなら
ノータイムで読みたいという事で珍しく電子書籍
にチャレンジしてみました。



読みだしてすぐ分かった事がまずひとつ。

レスをした人は本を直接コピペしていました。

自分で要約していたらすごい才能だなと
思ったんですがそうでは無かったですね。

何も対価無しであそこまで惹き込む文章
書けるとなったらかなり凄いことだと思います。

きちんとプロの仕事でした。



内容は川﨑宗則選手の独特な感性を
ある程度そのまま文章にしています。

1人で延々とカベ当てをしていた話や
本人が物事をどういう風に捉えているか
など面白い話がたくさんあります。

変に硬すぎず読みやすい表現で書かれて
いるのでどんどん読み進めることが出来
ますね。

あっというまに彼の世界に引っ張り込まれて
最後まで読み切ってしまいました。

プロ野球選手の本は基本的には対談を
まとめる形が多いと聞きますが、そういう
のを考えても川崎選手の熱量は十分伝わって
くるので楽しめました。

見栄を張ったり不必要に人を値踏みしたり
しない感性が素晴らしいと思います。

プロ野球の世界でこういう考えを持ち
1流選手になれるんだなあと感心しました。



本の途中には何かになった人共通の
言葉が出てきます。

それは一歩足を踏み出せという言葉です。

何もせず成功する人はほぼいないという
のは冷静に考えればそれはそうで当たり前
なのですが、本を出すような人に共通して
いるのは頭で考えていても動かないのは
結局何もしないと同じという思想ですね。

とにかくやってみろという事です。

これは有名なスポーツ選手からちょっと
怪しい自己啓発系のお金持ちまで共通
しているのでここに関しては信じて良い
でしょう。

あとは失敗をさらけ出すかさらけ出さないか
くらいのところだと思います。

私はどんどん失敗してどう失敗したか
残していけ派ですが、人によってはプライド
とかもあるので考え方は色々あります。

どう付き合うかは本人次第です。



素晴らしい文章が川崎選手本人の熱量と
構成する方の技術によるものでちょっと
安心しています。

私もいつかこういう魅力的な文章を書ける
ようになりたいです。

なりたいと思っている限り近付ける可能性
はあるはずです。


本でも触れられていますが無理にポジティブ
で飾ってもしょうがありません。

受け入れるの大事です。

自然体でひたむきにやって少しずつ向上
させていければと思っています。



本自体は5年以上前が初版なので旬では
ありませんが素晴らしかったので記事にして
みました。

読書の習慣がある人は1時間くらいで読める
ので川崎選手の熱量を浴びてはいかがで
しょうか。





Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply