パワプロアプリ 花丸高校でSS3ランク野手を育成 パワポケキャラオンリーデッキでまずは自由に経験点12800点、結構伸びしろありそうです【画像あり】

てけてけ

IMG_4193.jpg

こんにちは。

ついに実装された花丸高校でさっそく
1人選手を育成してみました。

まずは高校のシステムに慣れていこうと
いう狙いで最初だから許されるような
こちらのデッキで挑みます。



IMG_4194.jpg

それはこちら、パワポケキャラのみを編成
したデッキです!

初挑戦からガチガチの選手は難しいという
のが分かっているので最初はテーマ重視で
育成自体の新鮮さを楽しんでいきます。

前イベ 東、天本
後イベ 雨崎、白瀬、ブラック、しあん

というパワポケに出てくるキャラだけで枠を
埋めています。



IMG_4196.jpg

物欲センサー発動。

はじめは経験点も出ないだろうという事で
最強決定戦にはエントリーせず通常の
サクセスに入ったのですがその隙を見事に
突かれました。

狙いすましたようなセンス〇が登場です。

強い選手を作りたいときにはなかなか
こないセンス〇君もこういう時は積極的
に出てきます。

特効育成でもよく付く印象ありますね。

全部記録すれば収束しているはずなの
ですが人間タイミングが合った時のことを
よく覚えていがちです。



IMG_4200.jpg

今回のサクセス育成攻略で意識したのは
この練習のプラス補正値とカードの役が
揃うかぐらいしかありません。

まずは経験点が多くもらえる練習を追い
つつカードの役も揃えていきましょうという
テーマで育てています。

1回最後まで通してみての感想はデート
とかせずにどんどんカード3枚埋めて回転
させていくのがいいかなと思いました。

花丸高校は固有のロボ×ポーカーコマンド
が終了して使えなくなるのが結構早いので
デートはそこから連続で消化していくのが
良さそうです。

そうなると空デートがある彼女キャラは
少し怖くなってきます。

今後花丸高校が開拓されていく中で彼女
自体がいらないとなる可能性も十分に
ありえます。

ただ、高校固有コマンドが終わった後
やれる事があんまりないのでそこで
ちょうどデート出来そうだなあとは思い
ますね。

なんだかセクション4の終盤が不自然に
ぽっかり空いているのでここに意図というか
狙いがあるかもしれません。



IMG_4201.jpg

IMG_4202.jpg

IMG_4203.jpg

IMG_4204.jpg

セクション1から最終セクション4までの
経験点の推移を載せておきます。

最初は順調でしたが野手育成に投手
キャラが複数入っているせいか中盤終盤
で伸び悩みました。

編成キャラのカードタイプもちょっと偏って
いたのでまだまだ改善の余地は大いに
あります。

というか初日で改善の余地が少なかったら
その高校はやばいです。

まずはデッキをしっかり野手用に調整
しなおしてバランスを整えていきたいと
思います。



IMG_4205.jpg

完成した選手の査定はSS3ランク野手
でした。

最初ですしデッキがデッキなので参考記録
扱いです。

自由にやった割には結構いいなというのが
当社比での本音です。

ちょっとカスタマイズすればPGランク野手は
すぐ出来るんじゃないかなという手応えです。

あとはそこから先どれくらい伸びるかと
なってきます。



IMG_4206.jpg

IMG_4207.jpg

選手の能力と格集客力はこんな感じに
なっています。

サクセス中精神ポイントが溢れそうに
なったので少し格へポイントを振りました。

まだまだ可愛い能力となっています。

ここから強力なサイボーグみたいな能力を
目指していきます。



花丸高校初挑戦サクセスはなかなか
テンポよく遊べたので満足しています。

カードの揃え方をこだわり始めたら変わる
可能性は結構あるものの今のところは
戦国高校よりは気軽にプレイできそうです。

通しでプレイしてて気になったのは今回
野手育成なので簡単に突破できた固定
試合イベントのヒーロー戦ですね。

ここを投手で挑戦すると負ける可能性も
そこそこあるんじゃないかなと思われます。

そういう難易度の高さと引き換えに投手
育成向けの調整がされているのかも
しれません。

とにかく最後までクリアしたいという人は
まずは野手で始めてレッドからホームラン
を打ちヒーロー戦を楽に簡単に突破して
いくのがおすすめです。

最初はとにかくきちんと最後までクリアして
楽しむのがモチベーションを長く保つコツ
だと思います。

投手育成は何度かクリアした後改めて
やればOKです。



やっぱり新高校実装後のサクセスは新鮮で
良いですね。

育成を楽しむ気持ちを忘れずに強い査定の
選手を目指して突き進んでいきましょう!





Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply