ロマサガRS 古城の祝祭と最終試練UH9を2ターン高速周回中 打の全体攻撃&味方の素早さがポイント!【パーティ・陣形・戦闘力・動き立ち回り解説】

てけてけ

IMG_3024.jpg


こんにちは、こんばんは。


古城の祝祭と最終試練イベントが開催
されています。

簡単に言ってしまうとロマサガRSの2020年版
ハロウィンイベントです。

どれくらいストーリーテキストを読んでいる人が
いるか怪しいですが一応ハロウィン要素のある
物語です。


そして現在私が周回しているのはイベントクエスト
のウルトラハードUH9となっています。

敵の弱点が打メインとはっきりしているので
パーティは組みやすいです。



IMG_3025.jpg

IMG_3026.jpg

パーティはにんげんおんな、佐賀T260G、
にんげんおとこ、ジョー、バルテルミーで
やっています。

遊びというか育成枠扱いに出来るのは
ロボのところですね。

今の育成度合いだと素早く攻略するのに
4名の力が必要です。

陣形はスペキュレイション、パーティ戦闘力は
54000です。

ロボのところを育成枠に変えても周回は
特に変わらないので実際には54000の
戦闘力がいるわけではありません。


もちろん個人的に組んだ構成なので
他の組み合わせはいくらでもあると
思います。

手持ちに合わせてカスタマイズして
いきましょう。

ファスト持ちがいると安定するので
そこは大切かなと思います。

敵のガイコツが速いので味方側の
素早さがないと割り込まれます。


ちなみに聖石はHP満タンを中心に
装備させています。

そのためにも速さを上げて先に攻撃
するのが大事です。



IMG_3027.jpg

ここからは実際の動き立ち回りを載せて
いきます。

まずラウンド1ですが、にんげんおんなの
マッハドリフトとにんげんおとこのアームズ
チェーンで敵を倒しきります。

ファスト勢のジョーとバルテルミーは陣形後列の
素早さが下がるところに配置して1ターン目は
動かないようにする調整です。

ファスト技のBPは11にして2ターン目に発動する
ようにします。



IMG_3028.jpg

2ラウンド目の動きです。

1ターン目出番を回さなかったジョーと
バルテルミーが動きます。

ジョーのフランベソルベ、バルテルミーの
アバドンハンズでダブルファスト術攻撃です。


これでクリア…といきたいのですが、私は
現状そうなってはいないので正直なところを
書きます。

ファスト2連発では骸骨を倒しきれずに
その後にんげんおんなのとびひざげりが
発動し、にんげんおとこがしゅりゅうだん
で全体攻撃をして完全にクリアするという感じ
です。

インパクトや見映えを気にするならきれいに
サクッとクリアして超高速周回してる様子を
見せるのが正解ですが、だいたいの人は
私と同じで限界までは育てきれてないと
思うんですよね。

ソシャゲアプリやる人は他にも掛け持ち
してる方が多いですし完璧に育て上げてる
人の方が少ないと思います。

そういう人の参考になりそうなので変に
飾らずリアルな動きを今後も載せていく
予定です。



ちなみに私の手持ちでもファスト技持ちが
もう1人いると2ターン5手でUH9は周回が
可能です。

具体的にはゼノンを使うのですがこれは
私がたまたまガチャチケで運よく引いただけ
なので持ってる人が少なそうです。

育成枠も無くなってしまうので素材集め
報酬交換がメインの周回にもなります。

ここをどう考えるかで変わってきます。

ロマサガRSプレイヤーの傾向としては
誰かしら育成枠で連れていって素材収集
ついでにクルリンを楽しみたいというのが
あると思ってはいますが果たして…。



IMG_3029.jpg

クリア後リザルト画面。

今回のイベントはちょっと素材のドロップ量が
少なくて渋めの調整かなと感じています。

そこそこやっていますがイベント2日目時点で
まだ累計報酬のSSブラックを取れていません。

うまく3倍アップクエストも活用してSSブラック
をゲットしにいきます。




1プレイヤー視点でのリアルな立ち回りを
書きましたが、にんげんおんなとにんげんおとこ
は技のモーションが短いので多少手数が
増えてもそこまでは時間的には変わりません。


プレイしててストレスは無いです。


ちょっとずつ継続してクエストを周回して
報酬取っていきましょう。




個人的には聖塔ダークでの突キャラ育成も
したいのでうまく切り替えながらパーティ全体を
底上げしていこうと思っています。



新クローディアをもっと育てたいです…!



関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply