Switchパワプロ 権藤博、木塚敦志、石毛宏典、高須洋介 ホームランアタックでOBを収集シリーズ【コナミ公式査定能力・画像】

てけてけ

うす!



まだまだホームランをかっ飛ばすことで
OBが出続けています。


そろそろ終わるかなと思ってから
結構経ちますね。


Switchパワプロはここに力を入れていた
ようです。


パワナンバーやパスワードがあれば
記事のバリエーションが飛躍的に増えたので
ちょっと残念。



まあそういうのは置いといて、
OB公式査定能力画像をどうぞ↓



EPCsLsMUwAAIYyU.jpg

EPCsSsBU0AAp6Yw.jpg

権藤博投手。

権藤、権藤、雨、権藤がとにかく有名。

昔の投手は投げる強度が違うといっても
投げすぎです。

それなりの投球回に達している人も
多いですが勤続年数はなかなか壮絶。

権藤さんも酷使からの故障で太く短い
現役生活でした。

私もそうですがだいたいの人のイメージは
1998ベイスターズ優勝監督ですね。

最近ベイスターズ順位が安定してるので
そろそろチャンス来るかな?


個人的には中日のコーチ時代の高木守道
監督との攻防が印象に残っています。

その高木さんはつい最近逝去されてしまった
のでとても残念です。

当時は人間くさいやり合いを外野から興味深く
見ていました。

やり合ってる2人は落合政権の後ということもあり
かなりきつかったと思います。

長期政権の後の再建は難しい。

そろそろドラゴンズもAクラスに来るはず…。



EPCsLsCUcAA1NtW.jpg

EPCsSsBVAAQ7pJB.jpg

木塚敦志投手。

サイドスローのリリーフ。

結構便利に使われていた印象です。

査定だと146キロとなっていますが
もうちょっと球速はあるイメージでした。

スライダーも3よりはあるかな。

ここは成績等とのバランスもある
でしょうしバランス取ってるんでしょう。

コントロールは思ったより高いので
私が無知なだけのパターンですね。



EPCsLsAU4AAA40G.jpg

EPCsSr5UwAEkM22.jpg

石毛宏典選手。

西武ライオンズ黄金期の選手。

残念ながら世代ではないので
プレースタイルがあまり分かりません。

能力査定はまさに万能型でそつがない
ですね。

飛び抜けたものはないですがチームに
いたらめちゃくちゃ有難いです。

こういう選手たちをうまく操縦して
昔の西武黄金期は作られたのでしょうか。

清原とか辻さん、デストラーデ等超有名
な選手も擁していましたが黄金期を
作るには全体が強くないといけません。



EPCsLsIUwAAPYDd.jpg

EPCsSr7UcAE-JFb.jpg

高須洋介選手。

私は楽天時代の印象が強いです。

チャンスでいつも打ってた人。

実際はある程度収束してるんでしょうが
とにかく得点圏で技のある1打を魅せて
いました。

守備も良い時は堅実で、今でこそ山田や浅村
みたいな超攻撃型の選手が増えていますが
当時でのらしい良セカンドという選手でした。

田中浩康もこのルートへ進むと思って
いましたがまさか山田みたいな怪物が
出てくるとは…。

プロ野球で生き残るのは難しい。

派手さがないので査定は低めですが
かなり嫌らしい巧打型の選手でした。





今日も4選手を紹介。


新旧バランス良くOB選手が出てくれました。


この中だと高須選手の印象が強いです。


均せば数字は平坦になるのでしょうが、
一定の時期に得点圏で打ちまくっていると
完全にそういう選手だと刷り込まれますね。


彼は映像でもたくさんチャンスでのヒットを
見たのでより印象に残っています。


得点圏打率はオカルトと言われますが
数年間高い数字を維持されると対戦する
投手も圧を感じるのではないでしょうか。



贔屓の球団にもこういう曲者系好打者
が増えて欲しいです。


いいところで打つのもひとつの才能
なのでしょうか。




今回も最後までお読みいただき
ありがとうございます。



まだまだ続く…?






Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply