プロ野球2020日本シリーズ第3戦 ホークス・ムーアの投球のクオリティの高さに愕然、3人目の先発がこのレベル…? 巨人は継投ノーノーを阻止するので精一杯に終わる

てけてけ

baseball-4261798_640.jpg

HeungSoonによるPixabayからの画像
フリー画像ですが作者リスペクトでリンク記載


ホークス 4-0 ジャイアンツ

でした。


点差が少ないゲームではありましたが
今日は今日でまた違った形の絶望感
をソフトバンクホークスが与えてくれました。

ホークスファンの話では今年はそこまで
爆発力のある打線ではなく投手力の
チームという事だったので今日の展開が
どちらかというといつものやつだったのかも
しれません。

9回2死まで巨人はノーヒットでしたが…。

チーム防御率が良いとはいってもこの
大舞台でこの展開は恐ろしすぎます。

森も今日は劇場モードにならないのかな
と思っていましたがきっちりあと1人から
丸にヒットを打たれてしまいました。

特にその後動揺もせず丁寧にコーナーへ
制球していたので打たれたら終わりとか
そういうのは全然無かったように見えます。

クローザーはこれぐらい図太くないと
やっていけないんでしょう。

チームが勝って終わるのが第一なのは
確かです。

一応丸相手の時はかなり慎重な配球に
なったので一切意識してなかったわけでは
ありません。

ただ、臭いところを突いてフォアボール
連発するよりは勝負していくという意思を
感じました。

そこにかなり強さが見えました。



今日一番凄かったのはやはりムーアです。

この投球をする投手が先発3番手で
出てくるのはちょっとおかしいです。

安定度という点では千賀や石川を
上回っていたと思います。

個人的には総合力でもトップなんじゃ
ないかと感じました。

ストレートがほぼ常時150キロを超える
左腕できっちりコースに投げられる上に
チェンジアップ等の変化球も持っています。

結局ジャイアンツに1本もヒットを打たれ
なかったという結果でも示されていますが
打たれる気配が全然ありませんでした。

バットに当たっても強い打球が飛ばない…。

セリーグではジャイアンツの主軸はかなり
強力という扱いなんですがこの日本シリーズ
ではサッパリですね。

特に4番の岡本は徹底マークされて封じ
込まれています。



ここから巻き返し…というか巻き返さないと
もうシリーズが終わってしまいます。

2年連続4-0でスイープされるのはやばい
です。

合わせると8-0になってしまいます。

ペナントレース終盤勢いを失っていた
と言えども全く勝てないのは読売ジャイアンツ
というブランド的に駄目でしょう。

それこそたまに確変起こして上位に来る
我らがヤクルトスワローズとはカテゴリが
違う球団です。

2年連続4連敗だと原監督が続投出来ない
のではという声も見かけます。

セリーグを勝ち抜くところまでは間違いなく
原監督の手腕で優位に進めているので
他の方に変わったらちょっと怪しさもあると
思います。



これより弱いセリーグ5球団という煽り?
をする人も出てきていますが、ヤクルト
ファン的には既に弱い自覚があるので
下を見ずガムシャラにホークスへと
噛みついて欲しいです。

崖っぷちから体がちょっとはみ出している
状況ですが大逆転を狙うのを諦めないで
戦ってもらいたいです。

巨人は日本シリーズで善戦したからOKと
いうチームでは無いはずです。


やけくそでも総力戦でもいいのでまず
1つ取り返すのを見たい!


関連記事



Posted byてけてけ

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply